HOME試合一覧国内大会国際大会代表大会統計情報女子大会TEAM サイト概要
サイト概要

ProfileExplainDesignContactUpdateMurmurGallery



つぶやき

試合情報が収集できなかったり、プログラムの改修が必要となったり、 イラついた時の愚痴を書けば、気が治まるかなと思って、作りました。
このページが更新されないということであれば、試合情報の更新は順調ということになるかも

表示年の切替え
広島県サッカー速報サイト
広島県リーグの情報は、「サッカー試合速報」(広島県サッカー協会からリンクがある)から得ている。
このサイトが、7月豪雨からしばらくたった頃から、アクセスができなくなっている。
ただ、正確に言うとGoogleが保持しているキャッシュの取得日付は更新されており、時々稼動しているように思えた。
本当にたまに稼動している時があるのか疑問だったが、ついに、8月15日夕方、出先で時間があったので確認したところ、久しぶりに閲覧することができた。
1部、2部共豪雨以降開催されていないことと、8月26日から再開する予定のようであった。
ただ、20分後に自宅に戻ってから、詳細に確認するため、再度閲覧しようとしたが、もうアクセス不可となっていた。
このサイト、いったいどうなっているんでしょうか。
ここが閲覧できないと広島県リーグの更新ができません。
2018年08月15日(水)22時00分00秒投稿
MySQL8.0の話・続き
先日、サーバーのダウン対策のため、グラボをオンボードで使用することにしてクリーン・インストールをしたことを書いた。
その時、MySQLの版数を5.7から最新の8.0に変えようしたが、敗れ去ったことを書いた。

リベンジのため、デスクトップのマシンにMySQLの5.7と8.0を共存させ、問題点を検証した。
ユーザ追加等の操作の差異は理解した。バックアップもmysqldumpで行うこととした。
エンジンもinnoDBに変更し、文字コードも8.0標準と言うutf8mb4にすることにした。
最大の課題は、自作のCプログラムが動作しないことであった。
コンパイルエラーは、defineを追加することで解決し、後は8.0に添付されているlibmysql.dllが起動できないことにあった。
色々調べたが、どうもこの8.0添付のdll、ビルドがおかしいように思えてきた。
Dependsでチェックすると、64bit版のDLLが32bit版のDLLを参照しているように見える。(そんなビルドが可能なのかは判りませんが)
旧の5.7のlibmysql.dllでも問題なく動作することが確認できたので、それを使う方向で、8.0にアップグレードする方向でいます。
このサイトを見にくる人にとって、5.7だろうが8.0だろうが何にも関係ないですけど。
8.0は5.7の2倍の速度らしいですが、データベースアクセスに要している時間はほんのわずかなので、それを体感することはありません。

ちなみにクリーンインストール直前は、2,3日間隔ぐらいで落ちていたのが、完全修復しました。(それが普通なのですが)
2018年08月08日(水)21時00分00秒投稿
強敵MySQL8.0
1ヶ月程前からのサーバーダウン、本格対処をした。
元々グラボが怪しいと思っていたので、グラボを交換する方向でいたのだが、オンボードでグラフィックインタフェースを持っていたので、そちらを使うことにした。
(オンボードでインタフェースを有するのに何でわざわざ付けたのかは記憶がないため不明、多分前のマザボに付けていたやつと思う)
さらにちょっと手間がかかるがクリーンインストールをすることにした。
(最善策+いざという時のために元のシステムを残しておきたかった。)
そして、グラボを外して、システム側のHDを交換してクリーンインストールを開始した。
色々、トラブルがあったが、最悪はMySQL8.0だろう。

インストールは、何の問題もなくできた。
まず、ユーザ追加するかとしたら、コマンド(grant)の形式が変わっていて、最初はどうユーザを増やせばいいのか全く判らなかったし、認証方式が変わったとかでリモートからのログインができなかったが、色々調べて、これらは、コマンドの手順に慣れることやmy.iniの設定で逃げれば済むことであった。
次にMySQL5.7からデータベースをコピーしても認識しなかった。(ファイルコピーで簡単に認識するのでMyISAMを使っているのに....)
まあ、この辺もmysqldumpでコピーするしかないかと思った。(ネットで見たがmysqldumpでのコピーも結構大変みたい)だが、最後に自作のCプログラムが動作しないのには愕然とした。
Libmysql.dllのエントリが変わっていて起動しないし、新しいヘッダ、libでMakeすればコンパイルエラーになる。
Conector-cのインタフェースが変わったようである。
このCプログラムが動かないと、当サイトのデータ更新ができないと言っても過言ではない。
それ以外でもMySQL関係のCプログラムを沢山持っており、問題点をきちんと洗い出して対策を考えないと移行は無理と判断した。

従って、MySQLは今まで通り5.7となった。4,5時間は無駄にしたという感じ。
2018年07月29日(日)21時00分00秒投稿
サーバーダウン対策
最近、頻繁にサーバーがダウンしています。
このダウン、たちが悪くて、自動的に再起動せず、ダンマリ状態になってしまうので、手動で再起動する必要があります。
2度ほどダウンした後、サーバーのダウン監視を行う仕掛けを入れました。
7月16日19時30分のダウンは、そのダウン監視で早く気づいたので20分ぐらいで復旧しました。
まあ、抜本対策のためには、ハードの変更が必要と思っています。

自宅の環境には、マシン間でクリップボードを共有するプログラムを組み込んでいます。
つまり、マシンAでコピーを実行するとそのデータがLANを経由して他のマシンのクリップボードへ
データコピーするのでマシンBで貼付することができます。
データ入力マシンと検索マシンを別にしている環境ではこのおかげで高速にデータ入力できます。
作ったのはだいぶ昔のことです。そのころそういうソフトを探して実際に見つけたのですが、
シェアウェアだったので、そんなものに金を払うかと思って作ったものです。(自分が作れるレベルのソフトに金を払う気にはならない)
たぶん、私が見つけたやつよりはずっと優れていると思っています。
まず、原則設定は不要で各マシンで起動すれば勝手に繋がるし、マシン何台でも共有することができます。
(家には3台しかないので4台以上でやったことはありませんが)
自分で作ったものですから、機能追加も容易で、そこに特定IPのマシンを監視して、切断検出時に通知するようにしました。
2018年07月16日(月)21時00分00秒投稿
フェアプレイポイント
まさか、最後は他力のフェアプレイポイント狙いで戦うとは、思わなかった。
ここは、試合内容を論評するところではないので、その作戦に関してとやかく言うことはしない。

さて、リーグ戦の順位決定は、総勝点、総得失点差、総得点、直接対決結果(勝点、得失点差、得点)か、直接対決結果が総勝点の次にくるかのいづれかである。(日本には過去にはいろんな方法があったが、今はこの2方式が主流である)
本サイトでは、これらの順位決定を自動で行っている。
さらにここまで一致した場合で、対象2チームが最終戦で対決した場合にPKを行うケースがあり、これも対応している。(1995年コンフェデ杯)
ただ、ここまで一致してしまうと、今までは同一順位となってしまう。(最終的に一致したケースとして、2005年東北1部で1位が2チームとなったが、この時は地決枠が2あったこともあり、順位の差はつけなかったようである)
ただ、最近の大会は、ここまで一致して順位に差をつける必要がある場合、フェアプレイポイントそして抽選となるようである。
本サイトでは、このフェアプレイポイントおよび抽選(強制的に順位に差をつける)機能を有していなかった。
すべての大会で退場、警告者を設定しているわけではないのでフェアプレイポイントは必要ないとしても強制的に順位に差を付ける機能の必要性は感じていた。
内部的にいい方法が思いつかずほったらかしていたが、今回のワールドカップで2戦終了時にG組、H組で順位が一致したことで対応必須かなと思われた。
いつものパターンで、追い込まれるといい方法が思いつくもんで、強制的に順位に差を付ける機能は2日程前に組み込んでおいた。(フェアプレイポイントに関してもチーム毎のポイント計算さえすれば、できる準備はした)

今回のワールドカップでは始めて、退場、警告者を設定していることもあり、さらに日本の第3戦前に4時間程空きがあり、見たいTVもなかったので、チーム毎のフェアプレイポイントを計算する機能を組み込んでしまった。
組み込んだ理由はG組で適用されると思ったからで、日本のいるH組で適用されることになるとは思わなかった。
ワールドカップでフェアプレイポイントが順位決定に影響するようになったのは、今回が初めてであるが、過去の大会で、直接対決まで一致して、抽選で順位を決めたことは無いと思う。
他の大会では抽選は記憶にないが、U20かU17のワールドカップでフェアプレイポイントで日本が2位にすべり込んだことが在ったような気がする。

追記:
入替後に変なエラーが出ていることを確認した。
要求元はロボットと思われるが、女子アジアカップ2018で「タイムアウト」が発生していた。
調べていくとB組の順位編集で発生していることが判った。他は全部動くので、データ異常も疑って難航してしまった。
旧プログラムにすると動くので、今回の修正ミスかと言うことになった。
2018年のB組データに特異性があったかなと考えた時に「あっ」と気づいた。
3チームが勝点で並び、直接対決結果を評価していることに気づいた。その瞬間ミスった箇所もすぐに判った。
2018年06月29日(金)15時00分00秒投稿
サーバーが落ちる
最近2度サーバーが落ちた。
ソフト環境はいじっていないし、STOPCODEから見てハード的な要因が高いと思われる。
このハードもう何年たっているだろうと思った。
TOPPAGEに書いてある開設日の1週間ぐらい前に買ったと思う。
CPU、マザーボード、グラフィックボード、HD、Blue-Rayをバラで買って組み立てた。
元々PentiumⅢ(10年以上使っていた、古!)の入っていたマシンと入れ替えた。(電源だけは事前に更新してあった)
ただ、CPUは3年後ぐらいにおかしくなってしまい、CPUとマザーボードは入れ替えている。
HDもエラーは出していないし、一番怪しいのはグラフィックボードかなと思っている。
とりあえず、ドライバーを全然アップデートしていないので、空いている時間帯を狙って、ドライバのアップデートをするかと思っている。
2018年06月27日(水)20時00分00秒投稿
最近、奇異に感じること
地域リーグ結果を開催日に更新するのは結構大変である。
関東、北信越、関西、四国の4地域は早い時間に公式サイト等に結果がほぼ確実に載る。
それ以外は、公式サイト、チームのサイト、ツイッター等から拾い集める必要がある。
自分で集めるのが面倒な時は、2ちゃんの「○○○」さんという方の投稿を利用させてもらっている。(この方は収集力が高く、内容も信用できる)
ところが、先週(5月27日)この投稿を見ることができなかった。
その時は、今日は「○○○」さん休みかなと思って、自分で拾い集めたが、この週は天皇杯のおかげで、地域リーグの開催が少なかったのでそれほど苦労はしなかった。
翌日に投稿を確認すると「○○○」さんの投稿はあった。それも投稿時間を見ると27日の夕方ぐらいの時間で、この時間に確認したけど絶対になかったはずである。
6月3日も同じだった。前日の2日は見れたのに3日になると全然「○○○」さんの投稿が確認できない(他の人の投稿も全くない状態)。
今日は全地域(関東は全社予選)開催される日である。
かんべんしてよという感じで、結果を拾っていった。どうしても全社関東予選の結果が1試合みつからない。
もう、今日は無理だと思って、トゥーロン見ていたら、「山梨県協会」が結果更新されているとの投稿を受け、更新することができたし、この時には「○○○」さんの投稿も見れるようになっていた。
全社の結果を探しているときに関東のいくつかの県協会は参照したが、山梨県は全く脳裏に上がらなかった。
あとから、気づいたのだが、「○○○」さんも当サイトのツイッター返信で「山梨県協会にあること」を教えてくれていました。
「○○○」さんが当サイトのツイッターのフォロワーであることは知っていたが、まさかこんな貴重な情報を教えてくれているとは!次からはツイッターの返信にも気をつけようと思いました。

ところで、何で、日曜になると「○○○」さんの投稿が見れないのでしょうか。これが毎週続くときついのですが。。。。

6月11日追記
6月10日は問題なく見れました。実際のところ、私の力では、見つけられない試合結果もあり、スムーズに更新できました。
2018年06月05日(火)22時00分00秒投稿
今年の石川県リーグ
現在、最も情報収集が困難なのが石川県リーグである。
昨年の場合、秋田県リーグの結果が更新されず、最も悲惨な状態だったが、この4月になって何と全結果が発表されたことで、都道府県リーグ1部で結果不明は石川県の1試合のみとなった。
ただ、今年はもっと悲惨な状態になるかもしれない。
石川県リーグの開幕は、かほくFCメアーレのFacebookで知ったが、あれ?昨年7位の「かほく」が何で1部なんだろうから、始まった。
その理由が別のチームのサイト情報から判明した。
何と石川県リーグ1部は昨年までの8チーム構成から11チーム構成に変更になったようである。(奇数チームというのが気になるので今季のみの一時的な措置かも知れません)
・北信越から降格のテイヘンズ、
・前年1部の1~7位チーム(8位のみ降格)
・多分2部から、川北FC、グレンツェン、美川FCの3チーム昇格
情報収集が昨年より困難な理由として、現在、石川県社会人サッカー連盟のサイトが停止(アクセス不可)しているためです。
今年になってからもカップ戦の結果が更新されていたような気がするのですが、なぜ突然停止したのかがわかりません。
社会人サッカー連盟のサイトはたまに抜けますが、リーグ戦結果を掲載しており、昨年までは日程が判明したので、社会人サッカー連盟の情報とそれ以外の収集可能な情報から結果を更新していました。
今季は正確な日程が判らないため、結果掲載は非常に厳しいかなと思っています。
社会人サッカー連盟はFacebookもあるのですが、カップ戦の結果は掲載しても、なぜかリーグ戦の結果は掲載しません。

5月12日追記
社会人サッカー連盟のFacebookに日程が掲載されました。
結果はまだ入っていませんが、期待できそうです。
なお、8位のサイバーステーションは降格というより、脱退のようです。
2018年04月17日(火)22時00分00秒投稿
女子アジアカップ
女子アジアカップの一次リーグ第3戦、全く期待していなかったがTV観戦した。
最初にアナウンサーが変なことを言っていた。
引分でも1-1以上の引分であれば、日本がワールドカップ出場が決まります。
最初は意味が判らなかった。韓国が5点差以上つければ韓国が上だろう。
でもちょっと考えて、え、直接対決が優先なの?と気づいた。
最初は勝つしかないと思っていて、オーストラリア相手では無理かなと思ったが、引分なら可能性あるかと思った。
それより、日本が0-0で韓国が4-0だと両チームが数字の上では並んでしまう。
その後は、反則ポイントや抽選になるのだが、それらで順位を設定する機能が今はない。(前から組み込む必要は感じていた)
だから、日本が先制した時は、いろんな意味でガッツポーズでした。
でもまさか、同点に追いつかれた後の展開が、ああいうことになるとは全然思っていなかったです。
(見ていない人もいるかも知れないので補足しますが、日本がバックラインで5分間ボールを廻してタイムアップとなりました)
お互いに決勝トーナメント&ワールドカップ出場が決まるので攻める勇気がなかったんですね。
2018年04月14日(土)01時00分00秒投稿
Note-PC2度目の復活
原因不明の起動不可、工場出荷状態に初期化して、ようやくホームページをメンテナンスできる状態に戻りました。
最初はWindowsUpdate地獄でした。そして、最後のWeb環境の構築が一番面倒なんだけど、2年半前にDeskTopPCを更新した時の記憶が残っていたので、比較的スムーズにいきました。
これで明日からのデータ更新ができそうです。
それにしても何で立ち上がらなくなったんだろうか。
前日の夜にパワーセーブにしたつもりだったんだけど、翌日、見たらパワーセーブになっていなかった。
画面を見たら、不正シャットダウンからの「セーフモードで起動」とかのメニューとなっていて、以降、どのモードで起動を選ぼうが、「お待ちください」から進まなくなっていた。
現在NotePCはWebサーバの保守とデータエントリマシンが主で、プログラムもデータも直前にコピーしてあったので失われたデータは全くないのが、不幸中の幸いである。
(Note-PC専用のバッチコマンドがいくつか消えたが復旧はたいしたことはない)
納得いっていないけど、とりあえず良かった。
2018年04月13日(金)20時00分00秒投稿
Note-PC再び故障
Note-PCがまた故障した。今度は、起動しなくなってしまった。
「しばらくお待ち下さい」から全く進まなくなってしまった。
サポートセンターからのアドバイスで、リカバリーDVDでリカバリーしてみたらと言われた。
そこで初めてリカバリーDVDの存在に気付いた。
部屋の中を引っ掻き回して、DVDを発見した。
リカバリーDVDを実行した結果、初期OSであるVistaのインストールで成功した。
この後は、
1.Windows7へのアップグレード
2.WindowsUpdateの実行
3.プログラムインストール
4.データのリカバリー
5.環境設定
以前DeskTop入れ替えた時には2,3日かかったような。。。。
できれば土曜日の更新に備えて、金曜中には終えたい。
でも立ち上がらなくなった原因は何だろう。
Windows7のサポート終了までは使いたいと思ったが、そろそろ買い替えかな。
2018年04月12日(木)17時00分00秒投稿
遅いぞ、中国!
中国地域リーグの日程が出ない。開幕は4日後の4月1日である。
今までこんなに遅かったことは無いのだが。。。。
去年も3月27日だったが、去年の開幕は天皇杯予選の影響で4月16日だったので充分早い。
ただ、中国リーグのチームはWebサイトがなくてもFaceBook等で情報を発信してくれるので開幕カードは判明済みである。
11:00 島根     環太平洋大 サンビレッジ
11:00 三菱水島   ゼロックス 庄原市上野総合運動公園
13:40 JXTG水島 SRC広島 庄原市上野総合運動公園
13:00 原田鋼業   MCFC  笹岡
13:40 廿日市    NTN   GF
ただ、小出しで掲載するのは面倒なので掲載は見送っている。
最悪、31日まで出なければ第1節だけ掲載することになるのかなあ、と思っている。
以前、東北が遅くて(今年も未だに出ていないが)開幕の6日前に「遅いぞ!」と不満を書いたら、翌日掲載された。
今回もそうなることを願う。

4月3日追記
ついに開幕まで更新されませんでした。
中国リーグの各チームはホームページ(Facebookを含む)がしっかりしているので、第1節、第2節までの日程はアップしました。
第2節までは4週間空くので、この期間に日程が明らかになると信じています。

4月22日追記
公式サイトには動きは全くありませんが、とりあえず全日程は確保できました。このまま、公式サイトは終わってしまいそうな気がする。
ようやく全地域リーグの公式サイトがオープンしたのに。。。。。
2018年03月28日(水)20時00分00秒投稿
天皇杯予選結果の仮運用
三重県の天皇杯社会人予選のところに結果システム(仮運用中)というリンクがあり、それを選択すると結果が掲載されている。
このサイトは、JFA内に存在している。
いままで、JFAでは、天皇杯の都道府県予選の決勝の結果は掲載されていたが、まさか、社会人予選までもが掲載されるとは、と思った。
もし、全都道府県のすべての予選結果を掲載することになれば、本サイトで都道府県予選の結果を掲載する価値はなくなりますね。
今季は、全結果が掲載されるとは思えないので、このまま続けますが、来季からどうするかは考える必要があるかも知れません。
2018年03月21日(水)20時00分00秒投稿
ACLの出場枠
最近ACLの入力準備のため、AFCのサイトやWikiを見ているのですが、Wikiには2019の記載がもうあります。(英語版のみ)
現時点の私にとって全く重要ではないのですが、一度チラ見したところ、日本が東地区3位に落ちていました。(中国が2位に上がった)
これ事実なのかと色々調べたところ、私は気づきませんでしたが、昨年の12月下旬にニュースとして流れていたようです。(JFAやJリーグ公式ではまだ告知していないようです)
東地区3位に落ちたことで、ACLの出場枠が本戦2、PO2に変更になります。
つまり来年の出場チームは、今年のJリーグ優勝と天皇杯優勝チームが本戦からで、Jリーグ2位、3位チームはPOからとなります。
さらに、POの片方のチームの対戦相手はオーストラリア第3代表の可能性が高く、今までのように簡単にPOを勝てるというわけにはいかなくなります。
いままであまり気にしていなかったのですが、このランキングって、どうやってきめているのかと確認して見ました。
このランキングはAFC・MAランキングと言って、細かい計算式は除きますが、代表の成績(FIFAランキング)、クラブの成績(ACL、AFCカップ)をポイント化して合算するんだそうです。
そうするとえっ浦和が、ACLで優勝したじゃんと思うかもしれませんが、クラブの成績は過去4年間(今回は2014~2017年)見られるそうです。
さらに今回から、代表の成績とクラブの成績の配分が変わってクラブの成績を重要視するようになったため、2016年までACLの成績の悪かった日本のランキングが下がりました。
最後に2020年の出場枠についても今回のランキングで決定だそうです。
2018年01月03日(水)13時00分00秒投稿

>ページの先頭へ